成功事例ばかり追いかけても、コンテンツマーケティングは成功しません。

※本記事は、UIDEALに移動しました(転送されます)。 コンテンツマーケティングやオウンドメディアの話になると、「他社の成功事例を知りたい」というWeb担当者が非常に多くいます。今回は、コンテンツの4つの種類に基づいた他社様の事例を紹介しながら、成功事例を参考にするポイントをご紹介します。

コンテンツSEOのための内部対策

naibu2サイト構造の最適化やhtmlソースの最適化などの内部対策は、ユーザビリティー(ユーザーの利便性)向上の目的ばかりではなく、サイトテーマや各ページテーマを検索エンジンに正しく認識させるために不可欠な対策です。

どんなに価値のある情報を掲載しても、ユーザーにとって使い勝手の悪い導線になっていたり、ウェブサイト自体が検索エンジンに正しく認識される構造やソースになっていなければ評価を得ることは困難で、従って検索順位やコンバージョンの改善も見込めません。

コンテンツSEOのための外部対策

gaibu2「これからはコンテンツSEOの時代」
そんな情報が目につくようになり、コンテンツ作りを始める方も増えています。
しかし実際のところ、額に汗して作った「とっておきのコンテンツ」が、ほとんどユーザに見られていないという悲しい事態が起きているのも事実です。
毎日多くの時間を費やしコンテンツを発信しているものの「誰も見てくれない」「なかなか成果に繋がらない」と感じておられるサイトオーナー様も多いのではないでしょうか?

 

もしも、そんなお悩みを抱えているとしたら、安心してください。
確かに、コンテンツ対策には相応のノウハウが必要です。しかしながら、技術的な取り組みが難しいサイトオーナー様でも、そのようなスタート前の段階(コンテンツがユーザーの評価を受ける)での問題を解決するのが「コンテンツSEOのための外部対策」です。

外部SEO対策

gaibu現在でも被リンクの評価は重要な要素の一つですが、従来の人工的な被リンク対策では順位の向上は限定的で、ハイリスクな対策と言わざるを得ません。
現在の外部SEO対策では、その効果とリスクについて、充分に考える必要がありそうです。
「人工リンクをいかに作るか」から「自然リンクをいかに効率的に獲得するか」へ、そして新たな指標となった「アクセス数」「アクセス後の閲覧時間、閲覧ページ数」をいかに改善するか、といった、発想の転換が求められています。

内部SEO対策

naibuタグの最適化や内部リンクの最適化などの主要項目をはじめ、クローラビリティの確保(検索エンジンのロボットがクロールしやすいサイト構造を作る)とインデクサビリティの確保(クロールしたページの内容を正確にインデックスできるようにする)に視点を置いた内部対策で、サイトテーマが検索エンジンに正しく認識される構造に最適化します。

SEO対策の今とこれから

*当記事は「電通報 ーSEO対策における基本的な考え方とポイントー」のご紹介記事です。文中の引用元記事は文末に記載のURLよりご覧いただけます。   ここでご紹介する記事はネクステッジ電通(現:株式会社電通デジ […]

2016年9月ペンギンアップデート後に有効なSEO対策をまとめてみました。